株式会社ルチア 株式会社ルチア公式サイト ルチア
公式サイト

トップ ルチアの育毛 これだけ知っていればハゲにならない

これだけ知っていればハゲにならない

①髪が育つ条件

髪が育つ条件
髪が育つ条件は2つしかありません
①清潔ですこやかな頭皮からの酸素補給
②丈夫な血管からの酸素と栄養素
髪の毛には特別な手入れが必要と思われがちですが、実は特別な手入れなどしなくても髪は自然に育つ仕組みになっています。
丈夫な血管から供給される酸素と栄養素に加えて、清潔ですこやかな頭皮の呼吸によって補給される酸素があれば、髪は自然に育ちます。
間違ったヘアケアさえしなければ、人は薄毛にならないのです。

②髪は常に同じ本数を維持している

およそ10万本あるといわれる髪の毛には寿命があり、伸びすぎて歩行の邪魔にならないように5年~10年で生えかわります。
髪は寿命がきてもすぐには抜けず、次に生える新毛が育つのを待ちます。
自然脱毛と同時に新しい髪が発毛し、常に同じ本数を維持しています。
髪は常に同じ本数を維持している
寿命がきた毛が抜けると同時に新しい毛が生えでて、髪の毛は常に同じ本数が保たれます。

③皮脂は大切な成分

頭皮下の老廃物
育毛の大敵といわれている『皮脂』は、実は人体にとって、なくてはならない大切な成分です。
頭皮を含む私たちの身体は、1枚の巨大な皮膚でスッポリと覆われていて、その皮膚を乾燥などのトラブルから護るために、皮脂穴(皮脂腺)から分泌された皮脂が、汗穴(汗腺)から分泌される水分と混じり合って、保護膜と呼ばれる皮脂膜を形成します。この働きは全身にわたって行われており、頭皮も例外ではありません。皮脂は、私たちの身体を乾燥や肌荒れなどから保護するために、全身から分泌されている大切な成分です。
皮脂は薄毛の原因ではありません。
皮脂は大切な成分
写真にある白いカタマリを、毛穴に詰まった皮脂と勘違いされがちですが、実は毛穴から分泌された直後の皮脂で、この後、汗腺から分泌される汗と混じり合って保護膜と呼ばれる透明な皮脂膜になります。無理に取り除こうとすると、かえって分泌が促進されて脂性などのトラブルにつながります。
このように皮脂のカタマリが確認できる頭皮はきわめて健康な状態です。

④髪の役割

髪には生命を維持するための大切な役割が備わっています。
① 排泄
髪の毛には体内の老廃物を排泄する役割があります。
そのため、薬やサプリメントなどの余剰成分が老廃物となって頭皮下に集められます。
抗がん剤の副作用で髪が抜ける症状に代表されるように、老廃物は抜け毛に大きく影響します。
髪の役割
② 保温
髪の毛は、互いの間に空気をとどめ、脳に伝わる温度を調節して大切な脳を護ります。
・暑い夏は直射日光をさえぎります。
・寒い冬には天然の毛皮のように頭部を寒さから護ります。

③ クッション
1本1本が固くて丈夫な髪の毛は、外からの衝撃から大切な脳を護ります。

⑤薄毛の4大要因

①頭皮の汚れ
髪の成長に必要な条件は、酸素と栄養素ですが、頭皮が汚れで覆われていると、皮膚呼吸が妨げられ、髪の毛を作り出す毛母細胞への酸素補給が不足します。すると毛母細胞は次第に弱ってゆき、その結果、髪の毛が細くなったり、抜けたりします。
頭皮の汚れ
【汚れの原因】
●シャンプー回数の不足
●シャンプーのときの洗い残し
●洗浄力の弱すぎるシャンプーの使用など
②頭皮の肌荒れ
洗浄力の強いシャンプーを使用したり、間違った洗い方で頭皮の肌荒れが起きてしまうと、フケやかゆみ、炎症などの様々な頭皮トラブルを引き起こし、髪はしっかりと成長できずに細くなったり抜けたりします。代表的なのが、「皮脂は育毛の大敵」という間違った認識により、皮脂を根こそぎ取ろうとして長時間頭皮を洗ったり、シャンプー時にブラシなどを使用して頭皮を傷めるケースです。
頭皮の肌荒れ
【荒れの原因】
●シャンプーの選択ミス
●頭皮を洗いすぎるなどの間違ったシャンプー法
●頭皮に刺激を与えるなどの間違った育毛法
③血行障害
髪の成長の源は、髪の毛よりもさらに細い毛細血管をとおして、毛母細胞に供給される酸素と栄養素です。
ストレスを受けると毛細血管が収縮するため、血流が滞りがちになり、毛母細胞の酸素不足と栄養不足を招きます。また、年齢とともに毛細血管にコレステロールなどが溜まりはじめたり、毛細血管が衰えてくると、毛母細胞に供給される酸素と栄養素が少なくなるので、髪が細くなったり抜けたりします。
血行障害
【血行障害の原因】
●ストレス
●コレステロールの蓄積
●毛細血管の衰え
④頭皮下の老廃物
髪の毛には体内の消化しきれなかった老廃物を排泄する機能が備わっています。そのため、頭皮の下には血流によって老廃物が運ばれます。髪はこの老廃物を取り込みながらつくられ、体の外へと伸びてゆきます。
ところが、髪の毛の排泄機能を超える多量の老廃物が頭皮の下に蓄積すると、毛母細胞は弱ってしまい髪は抜け落ちてしまいます。本来は飲み薬や塗り薬の常用が招く現象ですが、健康食品の普及に伴い、サプリメントなどの多用による老廃物の蓄積が、大量の抜け毛を招くケースが急増しています。
頭皮下の老廃物
【老廃物の原因】
●飲み薬や塗り薬(頭皮、全身含む)の常用
●サプリメントの多用
●加齢

⑥髪と肌の成分は同じ

髪と肌の成分は同じ
髪の毛は、表皮のいちばん外側の細胞である角質が変化して出来たものです。この角質細胞の主成分は軟質ケラチンというたんぱく質ですが、髪の毛になると硬質ケラチンになります。
つまり、髪の毛も肌も、かたい、柔らかいの違いはあっても、ともにケラチンという同じたんぱく質を主成分にしてできているのです。
また、頭皮がへこんで毛穴がつくられ、その毛穴が変化して髪の毛がつくられていますので、頭皮の状態が悪ければ、当然発毛量が少なくなります。
女性が化粧品に神経をつかうように、頭皮の健康度を左右するシャンプーは、肌に良いものでなければいけません。

⑦男性ホルモンは薄毛の原因ではない

「男性ホルモンが多いとハゲになる」という説がありますが、この説は「男性ホルモンが血流によって毛根にたどりつき、ある種の働きをして毛根をだめにする」という非常に曖昧な論法からきています。もしこの説が正しければ、男性ホルモンが最も多く分泌される青年期から壮年期にかけて、総ての男性はツルツルになってしまいますが、現実にはほとんどの男性の髪は豊かです。
このことからも男性ホルモンが薄毛の原因ではないことをご理解いただけると思います。
人の身体に生えている毛の中で、性ホルモンに影響される毛は、腋毛、恥毛、男性のヒゲ、スネ毛などで、これらの毛は、思春期に至り、性ホルモンの分泌にともなって、生えたり濃くなったりしますが、生まれた時にすでに備わって いる髪の毛や、眉毛、まつ毛などは、性ホルモンに影響されるものではありません。

⑧毛穴はなくならない

元々ある毛穴がなくなることはありません。たとえば皮膚の一部がむけてしまっても元に戻るように、毛穴は何らかのトラブルによって一時的にふさがっても条件が整えば元に戻る仕組みになっています。
つまり、寿命がくる前の髪が抜けると、人体の保護機能が働き一時的に毛穴がふさがれますが、毛穴は頭皮がへこんでできていますので、頭皮がすこやかならいつでも元の毛穴が再生して、新しい髪の毛が生えてきます

⑨薄毛は遺伝ではない

脱毛は、酸素不足や、栄養不足、またはその両方が原因で、毛母細胞の活動が弱まり、新毛の生産が少なくなったり、すでに生えている髪の毛が細くなったり、抜けたりする現象にすぎません。
薄毛に至るまでにはさまざまな要因や経過がありますが、その原因は、毛根、毛母細胞の酸素不足や、栄養不足という極めてシンプルなものです。
頭皮の汚れや肌荒れが毛母細胞への酸素の補給不足を招き、毛細血管の機能低下が毛根への栄養不足をもたらした結果、脱毛という現象を引き起こしたのです。
毛根、毛母細胞の酸素不足や、栄養不足が解消すると、新毛の台頭が活発になります。当然抜け毛も減り、細くなった髪も丈夫な髪に戻ります。
頭皮を清潔ですこやかに保ち、人工的に毛根や毛母細胞に必要な栄養価の高い養分を補給すれば、脱毛は回避できるし、簡単に解消します。
薄毛は遺伝ではありません。
私たちの健康維持のために老廃物を排泄し、大切な脳を急激な温度差や衝撃などから護っている、脳の守り神である髪の毛は、本来なら生涯なくなるものではありません。
適切なお手入れさえ行えば、人はハゲにはならないのです。

掲載された画像その他内容の無断転載はお断りします。
当ホームページに記載されている内容の著作権は、株式会社ルチアに帰属します。