concept03.jpg concept02.jpg concept01.jpg main_top.jpg

ルチア育毛理論

薄毛の4大要因

頭皮の汚れ

頭皮の汚れ

洗い残しなどで頭皮に汚れが溜まると、頭皮からの酸素補給が不足する。

頭皮の肌荒れ

頭皮の肌荒れ

シャンプー法の間違いや粗悪なシャンプーを使い、頭皮が肌荒れを起こす。

血行障害

血行障害

ストレスによって毛細血管が収縮し、毛根への栄養補給が不足する。加齢などによって血流が悪くなる。

毛母細胞の衰弱

毛母細胞の衰弱

薬・サプリメントなどの諸成分が、頭皮下に蓄積し、毛母細胞の衰弱を招く。

皮脂は抜け毛の原因ではありません

写真にある白いカタマリを、毛穴に詰まった皮脂と
勘違いされがちですが、実は毛穴の中から分泌された直後の皮脂で、この後、汗腺から分泌される汗と混じり合って保護膜と呼ばれる透明な皮脂膜になります。
無理に取り除こうとすると、かえって分泌が促進されて脂性などのトラブルにつながります。
このように皮脂のカタマリが確認できる頭皮はきわめて健康な状態です。

髪が育つ条件

髪の毛には特別な手入れが必要と思われがちですが、
実は特別な手入れなどしなくても
髪は自然に育つ仕組みになっています。
間違ったヘアケアさえしなければ、
人は薄毛にならないのです。

髪が育つのに必要な条件は

 清潔ですこやかな頭皮からの酸素。

 丈夫な血管からの酸素と栄養。

この2つしかありません。

男性ホルモンは薄毛の原因ではありません

人の身体に生えている毛の中で、性ホルモンに影響される毛は、腋毛、恥毛、男性のヒゲ、スネ毛などで、これらの毛は、思春期に至り、性ホルモンの分泌にともなって、生えたり濃くなったしますが、生まれた時にすでに備わっている髪の毛や、眉毛、まつ毛などは、性ホルモンに影響されるものではありません。

薄毛は遺伝ではありません

一般に、ハゲは遺伝すると考えられていますが、そもそもハゲは遺伝ではありません。
脱毛は、

不精(毎日洗わない)

不注意(洗い方の間違い、粗悪なヘアケア製品を使う)

不幸(病気、ケガ、ストレス等)など

によってあらわれる一時的な現象です。

こうすれば髪は育ちます

良質のシャンプーで、毎日シャンプーする。

正しい洗い方で、頭皮を傷めないようにする。

弱った毛根に栄養を与える。

傷めてしまった頭皮をすこやかにする。

理想の育毛剤

頭皮がすこやかな状態で、血流からよどみなく栄養が運ばれれば、それだけで髪は育ちます。多くの育毛剤は、頭皮に爽快感や刺激を与えたり、血管拡張で血行を促すことを目的としていますが、毛細血管に問題がある場合この方法は逆効果です。栄養不足などで育ちにくい髪には、毛根へ直接栄養を与えれば良いのです。頭皮の改善、毛根への栄養補給を目的としたルチアの薬用・育毛エッセンスは理想的な育毛剤です。

良い育毛剤 悪い育毛剤

シンプル育毛

ルチアの育毛は、器具、サプリ等は一切不要です。
肌に良い成分でできたシャンプーとコンディショナーで頭皮をすこやかにし、栄養不足になっている毛根に、育毛エッセンスでダイレクトに栄養を与えれば薄毛は解消します。
育毛は、元々髪があった場所に髪を再生させるだけなのですから、難しいことではありません。

薄毛の頭皮 すこやかな頭皮

取扱店舗一覧

ルチア本社でも販売しています

インスタでも話題