モニター契約2年の証明育毛モニター実例

4

ストレスと頭皮の不純物の影響による薄毛のケース

[モニター期間:平成15年3月6日~3月19日(使用日表にて)〜 平成15年11月17日~11月30日(使用日表にて)]

【改善前】

【2ヶ月後】

【6ヶ月後】

モニターになる以前の育毛体験談(原文)ご本人の感想

生まれつき直毛で、こしのない髪質だったように思います。中学生は坊主頭だったのですが、高一の頃はジェルをベッタリとつけていました。それが一番頭皮にダメージを与えたと思います。 大学生になってからは髪にボリュームが無いのと生え際が後退してきたのを気にして育毛剤を購入し、使用しはじめました。高価なものであり、うぶ毛が大量に生えてきたので安心して使用しなくなりました。

大学4年から26才くらいにかけて、胃痛をおぼえることが多くなり、市販の薬を飲んだり病院に行ったりしていました。特に26才の頃がひどく、何ヶ月も病院の薬を飲んでも良くならず、体重も落ちました。この頃の薬が何か影響を及ぼしているのではないかと心配しています。今ではすっかり良くなりましたが、ストレスをおぼえると胃が痛むこともあり、市販の薬を飲んで抑えます。

育毛剤はいろいろ試しました。大学生の頃のはまだ持っていますが、香りが強くて使うことはありません。○○○が何となく効き目を感じたように思えます。その他のものは正に「気安め」であったと思います。頭皮の油分を取るシャンプーをしばらく使っていました。頭皮がカサついていたような気がします。

27才夏から急にボリュームが無くなり始め、ろくにセットができなくなってきました。髪型を短くしてみると、以前気付かなかった生え際がずい分と後退しています。(特にM型に)地肌も透けて見え、一気に老けた気がします。いろんな人に「薄くなった」「老けた」というようなことを言われ、また視線が髪に集まるのを感じて恥かしく思うことも多いです。

先生の本に出会い、シャンプーを変えてみたりと自分なりに努力をはじめましたが、やはり薬の影響など自分の力ではどうしようもないところに問題があるのではないかと思い、このモニターに応募する決意をいたしました。

所見に見られた特徴

ご自身の薄毛について、的確で冷静な判断をされる○○さんは、明せきな頭脳と細やかな神経をあわせ持った印象の方です。 ご本人は、「髪にボリュームがなく、生え際が後退している」と申告されていますが、一見して髪は豊富で、弊社の「第三者から見てあきらかに薄毛とわかる方」という、モニタ-条件に、該当されるとはとても考えられませんでした。
しかし、この頃から○○さんと同様の状態で、ご相談に見えられる方が急増していたこともあって、モニタ-にご登録いただきました。
ところが、奇しくもモニター登録後、強いストレスに見舞れ、さらにストレスに伴い胃薬の服用、またふくらはぎを傷めたことによる塗り薬の常用をやむなくされることとなりました。 ストレスと薬は、薄毛の4大要因のうちの2つであり、これら2つの要因が重なったことによって昨年7月頃より一気に薄毛を発症されてしまいました。

その後も関節炎などを発病され、治療のため注射、塗り薬、飲み薬を摂られるようになられ、頭皮は薬害の影響で真っ赤になる状態が続き、回復は困難かと思われました。 幸いモニター中であったことと、ご本人のしっかりした意思に助けられ、ほどなく髪の毛は回復し始めました。 期せずして○○さんは、ストレスや病気治療の副作用などで、薄毛に見舞われてしまった方々や、いわゆるM字型や、前頭部の薄毛の方にとって、大きな励みになるケースになりました。

ご本人の感想

平成15年3月6日~3月19日(使用日表にて)
コンディショナーにより、少しパサつきが暖和されてきたように感じます。その他には目立った変化はありません。エッセンスは、もう少し思いきって使ったほうが良いのでしょうか?配分がよくわかりません。

平成15年4月(撮影会)
○○県からきました○○○○と申します。よろしくお願いします。シャンプーコンデショナーを使ってみた感想なんですけど、使う前は結構パサつきが多かったんですけど、コンディショナーはヌメリ感があるぐらい残して軽めにすすぐようにしたら、パサツキが若干改善されつつあるかなーという感じがします。まあ何もかもがすごい良くなるとは思っていませんので、地道にコツコツやっていきたいと思います。

平成15年4月21日~5月4日(使用日表にて)
洗髪の際の抜け毛を見ると、細いものが非常に多くなった(ここひと月くらい)。全体の6~7割に及ぶという印象を受けている。(以前は太い毛ばかりが抜けていた)

平成15年5月5日~5月18日(使用日表にて)
かゆみや細い枝毛の増加が改善過程の症状だと聞いて安心しました。

平成15年6月(撮影会)
えー○○と言います。前回のミラクルクレンジングで普通よりも多く採れたって言われたんで今回もどのくらい採れるか楽しみにしてきました。

平成15年6月16日~6月29日(使用日表にて)
気がつくと、左の額生え際が極端に脱毛しています。その部分に多めにエッセンスを使用しています。

平成15年6月30日~7月13日(使用日表にて)
ストレスによるものと思われる胃痛がひどくなり、食欲もない状態です。 ふくらはぎを痛め、塗り薬(インドメタシン)を塗っています。

平成15年8月(撮影会)
6月、7月となんとなく抜け毛が多いかなって気もしていましたけれども、改善過程だと聞いて、自分にも大丈夫だと言い聞かせてやっています。

平成15年9月1日~9月14日(使用日表にて)
長期海外出張中でEメールで日表届く・・・こちらの水の硬度が非常に高く、シャンプーの泡も立たないので、大丈夫なのかどうも不安です。髪がぺちゃんと寝てしまうような感じです。

平成15年10月(撮影会)
かえって自分では悪くなっているのかなって思ってたんですけど、さっき先生から頭皮の状態が非常に良くなってるって言われて、よくわかんないですけど続けて頑張っていこうと思います。

平成15年11月3日~11月16日(使用日表にて)
11/13日~11/16日、ひざ関節に軟骨保護の注射

平成15年11月17日~11月30日(使用日表にて)
頭皮の一部に、ひっぱられるような痛みが続いています。エッセンスの使用を継続しても大丈夫でしょうか?(12/2くらいから)

ルチアからのコメント

●ストレスと薬害による薄毛
前頭部の薄毛はストレスが強く関係しています。ストレスにより毛細血管が収縮するため、同時に毛細血管も収縮してしまい、血行不良が起こり、その結果毛根が栄養不足になります。

○○さんの場合ストレスによる毛根の栄養不足に加え、薬害の影響が前頭部に集中し、急速に脱毛が進行しました。このケースでは、育毛エッセンスで充分に栄養を与えると同時に、薄毛の原因となっている薬害の影響(頭皮下の不純物)をミラクルクレンジングによって除去することが必要となります。
育毛モニター
栄養不足と薬害の2つの脱毛原因を解消させますと、写真のように髪は自然に回復します。○○さんの頭皮からミラクルクレンジングにより抽出される不純物の量が、薬の使用に比例して増加しましたが、薬と薄毛の因果関係の深さを改めて感じさせる症例でもあります。