モニター契約2年の証明育毛モニター実例

3

頭皮の不純物の影響によるケース

[モニター期間:平成11年4月26日(メールにて)〜 平成12年6月11日(撮影会にて)]

【改善前】

【10ヶ月後】

モニターになる以前の育毛体験談(原文)ご本人の感想

モニターになる前の一年間○○○○を使用していました。思い返すと、高校生の時には、既に「ハゲ」という呼び方で友達に呼ばれたりしていたので、結構その頃から髪には気を使っていたと思います。本格的に気になりだしたのは、会社に入ってからで、ブラシの時など「よく抜けるな」などと感心する時期があったのですが、その割には、外見的にはなかなか現れないなと思っていました。が、去年(平成10年)の7月あたりからあきらかに抜け毛にターボがかかったと思うほどハゲが進行している実感があり、○○○○をつけてマッサージしたり、インターネットで情報収集したりしていました。僕の取り組み方としては、自分ができることを全てやった上で結果を気にしない。という心構えでやってきましたが、最近ではちょっと心が負け気味です。

今後の目標としては、当然増やしたいと思っていますし、そのための努力はすべてする決意ですが、それとは別に、ハゲが自分の人生にマイナスにならないような(オーバーですが)強い自分を作っていきたいと思います。今回のモニター参加で、単に毛を増やすだけでなく、それ以外の面でも、いろいろと吸収していきたいと思っています。 目標を達成して、ハゲに悩んでいる多くの人を「ハゲます」ことができるようにがんばります。

所見に見られた特徴

インターネットのホームページでの応募です。前髪が薄くなったのを気にしていますが、本人が思うほど顕著な状態は認められず、当初は単なる脱毛不安のように思えました。後に薬害(薬剤などによる副作用)と判明しました。

「額のハゲは治らない」という、絶望的な風説がありますが、生来髪があった場所なら育毛は可能です。ただ、頭頂部や他の部位に比べ、額部分の回復が遅いのは事実です。

ご本人の感想

平成11年4月26日(メールにて)
モニターとなって一ヵ月半が経ちます。最近の状態ですが、正直なところ目立った変化はないようです。抜け毛は減っているようですが、相変わらず先端が細い毛が抜けています。ただ、頭皮は柔らかくなってきたかなあとも思います。
平成11年6月23日(メールにて)
早くも三ヶ月経ちました。髪の毛の状態は、何だか言うのが申し訳ないような気がするのですが、効果が実感できません。自分では、結構ちゃんとやってるつもりなんですが、抜け毛が減ったような気もしますが、困っちゃいますね。何か原因があるのでしょうか?ストレスなんでしょうかね?自分ではあまり気にしないようにしてるんですが、時々凹むことがあるんですよ。まあ諦めたら生えるものも生えなくなってしまうから頑張ります。

平成11年7月5日(メールにて)
近況ですが、やっと抜け毛が減ってきたような気がします。気のせいかも知れませんが・・・。抜けるほど毛が残っていないのかも知れないですけどね。

平成11年7月20日(メールにて)
一瞬減ってきたかなと思った抜け毛ですが、どうも気のせいだったようです。困ったもんですね。毛の総量が減ったから相対的に抜け毛が減ったように感じただけかなーなんて思ってます。せめて現状維持できるような気配くらい感じられるといいんですが・・・。皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。※この頃になってはじめて菱田さんの脱毛が薬害によるものと判明。

平成11年9月15日(使用日表にて)
相変わらず抜けていると思います。ただ、「髪が伸びるのが早い」と言われたのですが、エッセンスの効果なのでしょうか?早さより量で勝負したいなあと思う今日この頃です。

平成11年9月30日(使用日表にて)
抜け毛も少し落ち着いたかなという気もします。苦手な夏も終わったので、又、育毛に良い時期ということでガンバロウと思います。

平成11年10月15日(使用日表にて)
先日の撮影会で抜け毛が止まったと聞いて、少しほっとしています。今度は、確実に実感できるように頑張ります。

平成11年12月31日(使用日表にて)
一時の、どうなるんだろうという感じではなくなり、大分落ち着いた状態になっているようなので、頑張ろうと思います。

平成12年2月15日(使用日表にて)
特に変化はないようです。近所の本屋で「あの本」(ハゲ治し理論)を発見しました。どうも条件反射で「ハゲ」という単語に反応してしまうようです。「ハゲ」の二文字に目が反応して発見しました。これからは反応しなくても良いようにケアを続けていこうと思っています。

平成12年3月22日(メールにて)
春だからなのかちょっと気になる抜け毛があるようです。量としてはひどい時ほどないのですが、先端の細い毛が抜けています。手入れはちゃんとやっているつもりなんですが・・・。エッセンスを付ける回数をなるべく多くするように気をつけています。

平成12年3月31日(使用日表にて)
気になっている抜け毛も、特に増えもせずかと言って減っている訳でもなさそうです。

平成12年5月23日(メールにて)
相変わらず先の細い毛が抜けていますが、量としては多いというほどではないようです。トータルで見て髪の量が増えているのか、減っているのか、変わらないのか、微妙で、自分でも判断がつかない感じです。ケアは頑張って続けています。

平成12年6月11日(撮影会にて)
二ヶ月前と比較的には特に変化を感じてはいないんですけども、今日、受付の所で毛をとられて、皆さんもとられると思うんですが、その時、抜かれる痛さが今までよりちょっと痛いので、もう丈夫になってきたのかなという気もしないでもないですけども・・・。とりあえず実感としてはそんな感じです。

育毛は本当に山あり谷ありだなと言うのが率直な感想です。抜け毛も少なくなって調子のいい時と、ちょっとは遠慮しろよって思うくらい抜けるときが周期的に来るというのがわかってきました。まあ感覚的にそう思うだけで裏づけはないのですが…。 モニターを始めた29歳のころは本当に深刻に悩んでいて、気がつくと髪の毛のことばかりを考えていて、人生の楽しみをだいぶ減らしていたと今になって冷静に振り返られるのはルチアのモニ ターになって髪の毛が抜け続けるだけではないということがわかったからかなと思います。

毎日のケアもすっかり習慣になり面倒と思うこともなくなりました。 継続は力なりと言いますが育毛についてもその通りだと思います。 一日二日使っただけで劇的に効果のある薬なんてあるわけもなく、こつこつと地道に諦めずケアしていくことが唯一の方法みたいですね。今現在の私の髪の毛の状態は、抜け毛の多い時期のようです。 ただ昔のように悲観的になることもなく毎日ちゃんとケアをして抜け毛がおさまるのを落ち着いて待てるようになりました。 これもルチアのおかげかなと思っています。

ルチアからのコメント

写真を見て明らかなように、抜け毛も止まり、髪は回復してきています。しかし本人には自覚がなく、ノヴェルモイを使いはじめてから現在にいたるまで、抜け毛に対する不安を訴え続けています。薄毛への恐怖と不安は拭いきれないものがあるようです。髪の回復は1朝1夕にできるものではありませんが、改善はご自身の自覚以上に得られています。決してあきらめず、焦らず、前向きに育毛に取り組んで下さい。

正常時の抜け毛の本数 1日平均・・・約50本~70本
抜け毛は主に洗髪時に多くみられますが、これはその日に抜けた毛が、髪と髪の間に引っかかっていて、それらがまとめて抜け落ちるからです。洗髪が原因で抜け毛が増えるわけではありませんし、本数も気にする必要はありません。薄毛と呼ばれる状態の抜け毛は、たとえば昨夕洗髪したにもかかわらず、朝起きた時枕カバーに10本以上の抜け毛がみられる場合などです。

薬害について 本人の申告
薬害による薄毛は、簡単に言いますと、これまでに服用、もしくは塗布した薬剤の成分が頭皮下に残留して、徐々に毛根・毛母細胞を弱らせるために起こる。薬の塗布箇所とは関係なく発症します。

○○さんの場合は右記の薬剤使用に加えて、R剤の長期使用者でもある。さらに健康食品も服用していたため、頭皮下の残留成分は相当量溜まっていると考えられました。このケースでは、残留成分の除去が最優先課題となり、頭皮のエステティック施術(ミラクルクレンジング)が最も効果を発揮します。平成11年8月の撮影会で施したミラクルクレンジングでは、驚くほどたくさんの不純物が頭皮下から抽出されました。 薬害による薄毛の場合、原因となっている頭皮下の残留成分がすべて排出されるまで、薄毛の進行は回避されません。残留成分は、新陳代謝によって徐々に体外へ排泄されますが、すべてが取り除かれるまでには時間を要します。少しでも早い解決策としては、利尿効果の高い食品や、排便を促進させる食品を摂取するように心掛けることもひとつの賢明な方法です。 小さい頃にアトピーになり、軟膏をつけていました。つけていた量や期間については、はっきりしませんが、小学校低学年くらいで一度治ったと思います。

その後高校生の時に頭がかゆくなり、医者に行って塗り薬をもらい、半年~一年塗っていました。今思うとそれもステロイド剤だったのかと思います。あと、中学生の時膝の軟骨が痛くなって医者でもらった塗り薬を三年くらい使ってました。成分は副腎皮質ホルモンって書いてあったような気がします。