シンプル育毛法

髪と頭皮の基礎知識     STEP1)髪と肌の仕組み

髪の役割
人が生きている限り絶え間なくつくり続けられる髪の毛には、次のような大切な役割が備わっています。  
①排泄
体内で消化しきれなかった毒素を含む老廃物は血流に乗って頭皮下に集結します。この老廃物は、毛髪 に取り込まれ体外へと運び出される仕組みになっており、体内を清潔にする上でとても重要な役割を担っています。老廃物の 量が多くなると、髪をつくり出す毛母細胞の働きが悪くなってしまうこともありますが、人が生きている限り老廃物は生まれる為 髪も生える仕組みになっています。即ち、よほど特殊な病でなければ髪がなくなってしまうことはありません。
排泄
②保温
私たちの脳は、急激な温度変化に対して極めてもろく、過敏です。過去には、脳溢血で倒れる多くの人が夜 に暖かい室内から寒いトイレに向かった際に発症したといわれていました(暖房がゆき届かず、気密性の乏しい家屋の 「急激な外気温変化」に脳が対応しきれなかった例)。髪の毛は、ちょうど毛糸のセーターやマフラーと同じ原理で、この様なリスクを緩和させる 保温材となって脳を護る役割も担っています。
保温
③クッション
私たちが健康な毎日を過ごすためには、体の全ての機能が正常に働かなければなりません。その 働きの中枢をつかさどる脳は、小さな傷ひとつも許されません。人ひとりに約10万本といわれる髪の毛の表面は、バリアー機能を果たすキューティクル と呼ばれる固い組織で覆われていて、その内部を外部の刺激から守ると共に、水分保持の機能をも果たしています。この丈夫なバリアー機能を持つ髪が 束となり頭蓋骨上部に備わっていることで、互いの間に空気を留めて保温効果を成し、大切な脳を外部の衝撃から護るクッションの役割を果たしています。
クッション
酸素と栄養素があれば髪は育つ
髪が育つには特別な条件があるかのように思われがちですが赤ちゃんが大人へと成長するように、髪は酸素と栄養素があれば自然と育ちます。
酸素は頭皮の呼吸・毛細血管を通してまかなわれ、栄養素もまた毛細血管を通してまかなわれる為、頭皮の状態と毛細血管に問題がなければ、 髪は自然に育つ仕組みになっています。
つまり、人が生きて呼吸をし、食事さえしていれば放っておいても髪は自然と育ち続けます。
髪は抜けて当たり前
脱毛を恐れる気持ちから、抜け毛を極端に気にする人もいますが、抜け毛はあって当たり前な現象です。 
髪には寿命があり、基本的には伸び続けて歩行の邪魔にならないよう、腰の辺りにくると自然と抜け落ちる仕組みになっています。 また抜け落ちると同時に新毛が生え出る仕組みにもなっています。この髪の寿命(生え替わる期間)を周毛期と呼び、そのスパンには当然個人差があります。 
この差は、髪の伸びが早い人で約5年、遅い人で約10年ともいわれています。
腰のあたりまでの長さが最長でそれ以降は自然と抜け落ちます。
仮に周毛期を5年と定め、5年間で10万本の毛が生え替わると仮定した場合には100,000本÷5年(365日×5年=1825日) = 約54.79本 つまりは1日に約55本の毛が抜け落ち、 生え替わる計算になります。勿論、日々決まった量の毛が確実に抜け落ちる訳ではありませんが、気温の穏やかな春と秋に髪の生え替わりは集中します。 また抜け毛はシャンプー時に多く確認されますが、悲観することはありません。自然と抜けた髪の多くは、抜けると同時に頭皮から離れるのではなく、殆どの場合 沢山の髪の間に引っ掛かり頭部に留まっています。それらの髪がシャンプー時にまとめてとれる為、必要以上に抜けたと認識してしまいがちです。20~30本程度の抜け毛で あれば、さほど不安に思うこともありません。
自然脱毛までの流れ
髪と肌の成分は同じ
髪と肌はの主成分は、ともに「ケラチン」というタンパク質(約20種類のアミノ酸)から成るもので、その種類には軟らかいものと硬いものがあります。 頭皮と毛穴の主成分は軟らかいケラチンからできており、その毛穴周囲の毛母細胞がつくり出す髪の毛は、脳を護る目的に沿って硬いケラチンからできています。 このように、見た目の印象では似ても似つかない髪と肌は、同じルーツを辿って変化した同成分の組織体なのです。
肌と髪の成分は同じ
それ危険!肌のバリアー機能を傷める育毛剤浸透器具
私たちの身体は頭のてっぺんからつま先まで、表皮と真皮からなる一枚の大きな皮膚ですっぽりと覆われていて、基底細胞と呼ばれる表皮の最下の細胞から毎日、ひとつの 細胞がつくられます。それは徐々に形を変えて平均14日後、角質へと変化します。角質は、レンガを積み重ねるように微妙に位置をずらした形で14枚の層を成しています。 これがいわゆる、私たちの身体に備わったバリアーとなります。私たちが入浴をしても水ぶくれにならず、異物が入り込むリスクを回避できるのもこの強力なバリアー機能 のお蔭なのです。肌や頭皮に塗布された化粧品や育毛剤は、このバリアー機能の働きによって、必要な成分(肌に良い成分)のみ必要な量だけ吸収される仕組みになっています。
角質、バリアー、異質
しかし、強力なバリアー機能にも限界があります。頭皮に限っては、肌に良くない成分を多く含んだ化粧水や育毛剤を長期にわたり使い続けると、それらの成分が徐々に浸透し、 頭皮下へと蓄積されてしまいます。その結果、本来は白く透明感のある頭皮がいつの間にか茶色く変色し、独特な臭いを放つようになると同時に、髪の毛をつくる毛母細胞の働き が弱まり、脱毛などのトラブルが発生します。近年、この大切な肌のバリアー機能を破って育毛剤を強制的に皮下へ入れ込む「育毛剤浸透器具」を使用し、脱毛がひどくなるケース の相談者が増加しています。人体の保護機能を無視して様々な成分を強制的に入れ込めば、脱毛が進行するだけでなく、皮下組織のトラブルのもとになる危険性があります。 無闇な育毛剤浸透器具の使用は絶対におやめください。
顔と同じく、頭皮も洗い方が大切
図のように、表皮は形の異なる平均14の細胞と、14枚の角質で構成されています。基底細胞が毎日ひとつの細胞を生み出す一方で、一番外側の角質が毎日一枚剥がれ落ち、 垢として体外に排出されます。
垢となった角質を無理なく洗い落とすと、その下の肌は刺激に弱い生まれたての状態で現れます(刺激性のある化粧品をした際に肌が荒れ やすいのはこの為です)。この肌に刺激の強い化粧品を使い続けると、刺激から保護しようとするシステムが働き、肌は次第に分厚く固くなります。
頭皮の場合も同様で、 刺激性の強い育毛剤を使用すると、湿疹を伴う肌荒れを引き起こす原因になります。と同時に、刺激に対抗して頭皮が段々と分厚く固くなる為、新毛の生えにくい環境になり、 ようやく生え出た新毛も早々に抜け落ちてしまう原因になります。
毎日一枚アカとなって剥がれる