株式会社ルチア 株式会社ルチア公式サイト ルチア
公式サイト

トップ ルチアの育毛 やってはいけない育毛法

やってはいけない育毛法

①頭皮にスキッと爽快感を与える

スキッとする原因は、頭皮の熱が瞬時にうばわれるためにおこる感覚です。
この種の刺激剤は、急激な温度差によって血流を促進させることを目的としていますが、かえって頭皮や毛細血管、皮下組織に負担をかけるばかりで、脱毛を促進させてしまいます。
同時に、頭皮の温度が急激に低くなると、この温度差が大切な脳に伝わらないように、頭皮がだんだん厚く固くなるという現象を招きます。
その結果、髪が細くなったり、発毛量が減少してしまいます。

②頭皮をたたく

表皮と頭蓋骨の間には、真皮、皮下脂肪組織、毛細血管、毛母細胞、毛乳頭、毛根、神経など、たくさんの細胞や機能が詰まっています。
そこをブラシやパッティングマシーンなどでたたけば、皮膚の中のさまざまな組織が悪影響を受けてしまいます。
ときには毛細血管を傷つけたり、破壊を招いたりして、毛根への栄養補給ができなくなり、かえって脱毛を促進させてしまいます。
そのうえ頭皮をたたき続けると、この衝撃から頭部を護るために皮膚のバリヤー機能が働き、だんだん頭皮が厚く固くなります。
頭皮が厚く固くなると、うぶ毛が出にくくなります。
頭皮をたたき続けると、脱毛を促進させるだけでなく、その後の育毛にも悪影響をあたえてしまいます。

③頭皮に振動を与える、こする・もむなどのマッサージをする

頭皮をマッサージすると、血流が促進されて、育毛に効果的と考えがちですが、頭皮のマッサージは育毛の妨げになります。
たとえば、両手をこすりあわせると、摩擦によって発生した熱で手のひらは温かくなります。
頭皮の場合も同じで、器具を使って振動を与えたり、こすったり揉んだりすると頭皮の温度が上昇し、強くこすり続けると皮膚がすりむけてしまうこともあります。
すると、頭皮を守るために皮脂の分泌が促進されますので、脂性がひどくなってしまいます。
また、頭皮への振動やマッサージを続けると、皮膚が厚く固くなってしまうために、発毛育毛には逆効果になります。

④高周波などの電気器具を頭皮にあてる

高周波などの電気器具を頭皮にあてることによって、頭皮の深部の皮下組織が変質してしまったり、時には完全に破壊されてしまうこともあります。
このような状態に陥ると、急激で深刻な脱毛に見舞われてしまいます。
私たちの身体には自然治癒力が備わっていますが、変質、もしくは破壊されてしまった皮下組織の改善にはかなりの時間がかかります。
頭皮に高周波などの電気器具を使用されたことのある方の髪の回復は、相当の時間を要します。

⑤育毛剤浸透器具を使う

私たちの身体は、頭の先からつま先まで一枚の皮膚でスッポリと覆われています。その皮膚の一番外側の表皮には異物質が体内に入るのを防ぐための強力なバリアー機能が備わっています。私たちがお風呂に入っても体内に水が入り込まないのは、このバリアー機能のおかげです。
ところが、育毛剤を頭皮の中まで浸透させる器具を使用すると、この皮膚のバリアー機能を破り、余分な成分まで強制的に入れ込んでしまいます。
強制的に入れ込まれた余分な成分は、周辺の皮膚を化膿させたり、傷つけます。
育毛剤を頭皮の中まで浸透させる器具の使用は脱毛を悪化させるばかりだけではなく、その後の髪の回復を困難にします。

⑥皮脂を根こそぎ取る

皮脂が脱毛の原因だという説があります。そのために、皮脂をすべて取り除こうと、洗浄力の強いシャンプーで必要以上に頭皮を洗う人がいます。
しかし、下の写真を見てください。子供も大人も、女性も男性も、すべての人の頭皮は皮脂で覆われています。皮脂は、頭皮だけではなく、わたしたちの全身の肌を、乾燥や刺激から護ってくれる大切な成分です。
皮脂は脱毛症の原因ではありません。
頭皮に皮脂があるのは自然なことです。
抜け毛が気になって、皮脂を根こそぎ取り除こうとして頭を洗過ぎると、かえって肌荒れ、かゆみ、フケ、枝毛、切れ毛、炎症、皮脂の過剰分泌、表皮サイクルの以上など、様々なトラブルを引き起こし、深刻な脱毛症を招いてしまいます。
こんな行為はしないでください。
・皮脂を根こそぎ取る洗浄剤の使用。
・頭皮の洗いすぎ。
・高圧水流などの洗浄器具を使用する。
・オイルなどを皮脂にぬるなど。
>>※塗り薬、飲み薬など、副作用を伴う育毛法については「薬害脱毛について」のページへ。

掲載された画像その他内容の無断転載はお断りします。
当ホームページに記載されている内容の著作権は、株式会社ルチアに帰属します。